福島県出身のシンガーソングライター、片平里菜

シンガーソングライター片平里菜さんはミュージシャン精力的に音楽活動を続けており、日に日に実力、知名度ともに高まっているミュージシャンではありますが、その実力に比べて過小評価を受けているアーティストであるとも感じています。
片平里菜さんの魅力はなんと言ってもその力強い歌声で、高音から低音までしなやかに移り変わるその声は包み込むような優しさも備えています。
アコースティックギターとの相性も良く、とくに弾き語りにおいては彼女の魅力が存分に発揮されます。

またCDの音源よりも生で聴くことで彼女の歌声の力強さをより一層感じることができるので、実際にライブ会場に足を運んで聞く価値のあるアーティストです。
メジャーデビューから5年目を迎え、配信を含めて10枚のシングルと3枚のアルバムをリリースしている彼女の楽曲には独特の視点から作られた曲も多く、タバコと危うい恋愛の依存性を掛け合わせて歌った「煙たい」や、マイナスをプラスに変換することでさらに成長した自分が返ってくることを「仕打ち」という言い回しで表現した「最高の仕打ち」など、独自の目線や解釈を織り込んだ曲が多いのも特徴です。

また片平里菜は福島県出身で、高校時代に震災を経験しており、その当時の経験も楽曲に反映されています。
ファーストアルバムとなった「amazing sky」には高校時代に作られた曲も収録されており、まさに片平里菜の原点とも言えるアルバムになっています。
最新アルバムの「愛のせい」ではアーティストとしての成長が見られ、表題曲「愛のせい」では胸に迫るような怒涛のラストや、上京した後の気持ちを赤裸々に歌った「からっぽ」など、ミュージシャンとしての厚みが増した印象のアルバムに仕上がっています。

なかなかテレビなどの音楽番組には出る機会に恵まれない彼女ですが、ミュージシャンとしてのポテンシャルは決して低いものではなく、コンスタントに良曲を生み出す稀有なアーティストでもあります。
また彼女だけに限らず音楽界には素晴らしい音楽を奏でる逸材が多くいるものの、メディアではなかなか取り上げられないという現実もあり、良いものをより多くの人に知ってもらえるような世の中になって欲しいと思っています。

 

PR マイナチュレのレビューサイト

水曜日のアリスという雑貨屋さんを広めたい!

私がPRしたいと考えるお店は「水曜日のアリス」というお店です。
この水曜日のアリスというお店は、東京、大阪、名古屋、福岡の4店舗しかなく、イヤリングや指輪、ネックレスなどのアクセサリーはもちろん、トートバックやスマホカバーケースなどの小物類、また童話の物語に出てきそうな可愛らしいデザインのポップコーンやキャンディなどのお菓子といった様々な雑貨が売られているお店です。

そのなかでも私が広めたいと思うのは、水曜日のアリスさんのお店の外装や内装へのこだわりや雑貨の可愛らしさです。
水曜日のアリスでは中に入るお客さんの数が限られているようで、入るには列にならび順番を待たなければいけません。しかし、待っている間にお店の外観へ目を向けると、さまざまなタイプの小さな戸や大きな戸が装飾として外壁に施されており、「今から不思議な場所へいくんだな」という期待感がわき上がります。そんな期待を抱きながら、順番がきてお店の中へ入ってみるとまさに不思議の国にきた!という内装の造りになっていました。

私が行ったのは大阪の店舗だったので、商品売り場はハートの女王がイメージされた内装でした。そこは照明がほのかに薄暗く、しかし商品をきらきらと照らしていたのでとてもいい雰囲気を醸し出していました。それとは反対に、お会計の場所は白を基準とし、清廉さにあふれているだけではなくアリスの可愛らしさが込められているようで、二つの空間のギャップは見ていてとても楽しかったです。あとでネットで調べて知ったことですが、展開されている他の店舗はそれぞれ外装や内装が不思議の国のアリスの取り上げたシーンモチーフの違いによって異なっているそうなので、お店側の世界観にたいする愛情やこだわりを感じました。

雑貨についてですが、ウサギや猫、時計、トランプなど不思議の国のアリスを想起させるようなモチーフのものでとっても可愛いんです。お店のお客さんたちが夢中になって商品をみてしまうのも納得で、こうしてお客さんたちがゆっくり商品をみて選べる空間にするための入場制限だったのだなと理解出来ました。
また雑貨は可愛いだけでなく、シンプルでおとなしめのもの、もしくはスマートなデザインのものもありました。だから、不思議の国のアリスのモチーフはいいけど可愛すぎてちょっと手がだせない…という人も選べて楽しいと思います。

私がこのお店を広めたいと考える理由は、是非とも雑貨好きな方がこの素晴らしい空間を知り、楽しめたら良いなという思いからです。水曜日のアリスさんは私が住んでいる地元にあるわけではなく、偶然に大阪に旅行にいくという話が知人同士で出たときに知りました。そして実際に行ってみて、「こんな魅力的なお店を知らなかったなんて!」と楽しかったという思いと同時にくやしい思いが生まれました。
ですからこのような思いをする前に知ってもらって、是非とも行ってもらえたらなと思います。

 

PR http://www.aliceonwednesday.jp/

http://osaka.handball-ass.jp/

 

歴史は面白くて役に立つ

自分がPRしたいもの、それはズバリ「歴史」であります。

学校の授業で難しい用語ばかり出て苦しめられたから嫌いが、という人も珍しくありません。しかし、授業だけでは歴史が嫌いになるのも無理はありません。学校の授業はゴリゴリと暗記させるだけにしか機能してませんし、ほとんどの先生もそのように教えますから、面白い訳がないのです。

歴史の面白さは「空想」や「推測」の部分にあります。少ない史料の中から、「こうだったのではないか?」と空想することは実に面白いものです。しかも、そこに史料という名の根拠があるのだから、あながち間違っていないかもしれません。
あるいは歴史好きからは邪道とされますが「IF」、つまり「もしも」の世界を考えるのも面白さの一つです。もし、その「IF」がずれていたら、現代の世界もまわりまわって全く違うことになっていたかもしれません。

例えばよくあるのが、第二次世界大戦で日本が勝っていたら、というシナリオです。先ずアメリカが力を持つことはありませんでしたし、朝鮮半島や東南アジアは日本領のままだったでしょう。ということは、日本は南方の石油資源を手中におさめ、軍事力も維持し、今よりも強大な国になっていたでしょう。
一方で、日本の最大の敵は、ソ連やドイツになっていたかもしれません。そうなった時に、アメリカが負けたことで国際連合の存在が怪しい状況で、核戦争を防止できたか……と考えると、今と全く状況が違っていたことは想像に難くありません。

それによって、どんな事件が重要だったかがすんなり理解できて、勉強も苦になりにくくなると思います。なにより歴史という学問は、直接的な仕事などで必要がなくとも、様々な場面で教養として知っていると、雑談の種やインテリとして印象が良くなるなどのメリットもあります。
しかも歴史はどのような分野でも必ずついて関わるモノです。特定の分野を知るのに、歴史を知っていると、やはり理解が深まると思います。ですので、ぜひとも皆さん「歴史」に興味を持ってみてはいかがでしょうか?

三次元モータースポーツのレッドブル・エアレースの魅力を伝えたい!

モータースポーツといえばF1やオートレースなどを思い浮かべる方が恐らく多いでしょう。しかし実はもう一つ、かなりの熱さを秘めているモータースポーツがあるのです。

レッドブル・エアレースという名前のそのレースはずばり飛行機を使ったレースです。パイロンと呼ばれるコーンのようなもので作られた空中のコースをレース専用飛行機で1基ずつ周回してタイムを競う競技であり、シンプルな見た目とは裏腹にとても緻密な攻防戦が繰り広げられる三次元モータースポーツなのです。操縦技術は勿論、ペナルティにならないようにどこで仕掛けるかなどを常に考えながらタイムを競う操縦者達は非常に魅力的です。
このエアレースに出場できるパイロットはライセンスを取得している飛行機のプロフェッショナルともいえる存在であり、世界7箇所で行われるレースに勝利していくことでポイントを稼いでいき、年間チャンピオンを目指します。それぞれのレースで1位をとると15ポイント、2位ならば12ポイントといったようにポイントが加算されていき、最終的に最もポイントが多かったパイロットが年間チャンピオンに輝けるという仕組みです。

このエアレースは飛行機を使っている仕様上危険を伴うモータースポーツであるため、細かなペナルティが設定されています。例えばスタート進入速度が374kmを超えてしまわないようにだったり、最大重力加速度は12Gまでであったりといったものです。その他にもパイロンには垂直に入らなければならない、パイロンに三回触れたらならないといったものなど多岐にわたります。これらのペナルティはゴールタイムから1秒や2秒引かれてしまうものもあれば、即刻失格になってしまう重いものもあります。これらすべてはパイロットを守るためのルールであり、それだけ危険が伴うレースなのです。

なぜこのレッドブル・エアレースをPRしたいのかというと、まず1つに日本が会場に選ばれているためです。もう何年も千葉で開催されているのに知名度はいまいちで、ニュースなどにもほぼ取り上げられません。更に日本人選手である室屋義秀選手が善戦しており、2017年に至ってはアジア人初のワールドチャンピオンになっているのです。2018シーズンも上位に食い込んでいるなど、もっと評価されても良いはずなのです。
一度見たらきっと虜になること請け合いのレッドブル・エアレースに是非注目してみてほしいです。

大分自動車道上りの山田サービスエリア内にあるパン屋さん「あさくら麦家」

この「あさくら麦家」がオープンしたのは5年前くらいだったと思うのですが、ここのクロワッサンが絶品だったのです。仕事で早朝に出発し、高速道路をひた走り、いつも、ここ山田サービスエリアで休憩。朝一番の焼きたてクロワッサンで至福の朝ごはんタイムを楽しみにしていたのです。

ところが、それからしばらくして、クロワッサンの味が全く変わってしまったのです。何だかつるんとしていて、歯ざわりも弱々しくて。あのバターの香りもしない。もうショックで、がっかりして、楽しみが奪われたようで、悲しくて悲しくて。その日だけがたまたかだったのかな、冷めてしまっていたからかしら、なんて思い、何度かリベンジ!と食べて見たのですが、あの感動のクロワッサンとは似ても似つかぬものでした。

オープン時にガラスの向こうで、忙しそうにしておられた白衣のパテシエ。そう言えばあの方の姿も見ないし。何か事情があるのでしょう。もう諦めていました。それからかれこれ5年がすぎ、先日、ガラスの向こうにあのパテシエのお姿が!もしやと思い、早速クロワッサンのコーナーに行ってみると、これは、確かにあのクロワッサン。先ほど焼きあがったばかりでまだあたたかい。買いましたとも。そしてすぐにバクっと。パリッとした歯ざわり、中はもっちり、そして口の中に広がる豊かなバターの風味。これです、これです!戻ってきました。私の愛するクロワッサンが。涙が出るくらい嬉しかったです。

またここで、月に2回、至福の朝ごはんタイムが復活です。クロワッサンの他にも、ここのカレーパンは最高です。毎月、このカレーパンのお土産を待ってくれている知人もおります。アップルパイ、ピロシキ、たっぷりのクリームの上にベリーをふんだんに散りばめられたパイ、ソーセージパン、チーズパン、たくさんありまして、どれも美味しいですが、何と言っても私はクロワッサン。こんなに美味しいクロワッサンには、滅多にお目にかかれません。最高のクロワッサン、チャンスがある方は是非お試しあれ!