なめらかすぎるぞ!ジェットストリーム 4&1 0.8mm

みなさん、少なくとも1本くらいは、各自愛用のボールペンをお持ちだと思います。デザイン、値段、持ちやすさ等、そのボールペンを愛用する理由はそれぞれあると思います。

かく言う私にも、「これぞ!」と自信を持っておすすめしたいボールペンがあるのです。それは、ジェットストリーム 4&1(三菱鉛筆)です。決して三菱鉛筆の回し者ではありません。ただただ純粋に、初めてこの商品を購入したときの感動が忘れられず、現在も使用しているのです。
有名な売れ筋商品なので、「知ってるよ~」「もう使ってるし~」とおっしゃる方も多くいるかもしれません。ただ、私は、ジェットストリーム シリーズの中でも「ジェットストリーム 4&1」の、「0.8mm(ボールペンのペン先のサイズ)」に特化しておすすめしたいのです。

まず、ジェットストリーム 4&1は、同シリーズの他の商品を比べて、少し重く設計されています。これにより、書くときに指先に程よい重量が掛かり、書きやすさが増します。加えて、なんで「0.8mmが良いの?」とお思いになるかもしれません。他に「0.38mm」と「0.5mm」というサイズ選択もあるのですが、「0.8mm」と比べると、「なめらか度」が少し劣るのです。

「0.8mm」は、本当に少しだけ握るだけでペン先がスッと転がってくれます。
そして、機能面以外では、「ジェットストリーム 4&1」には限定バージョンがたくさん発売されているのです。TDL版やUSJ版、東京スカイツリー版、ジブリ版など、その場所でしか買えないバージョンがたくさんあるのです。私はどうしてもTDL版(ミッキーが刻印されている)が欲しくて、それを手に入れる為だけにTDLに行ったことさえあります。
勉強や仕事など、様々な場面で文字を書くという作業は発生します。少しでも軽やかに、少しでも気持ちよく、そして楽しく文字を書けるのが、ジェットストリーム 4&1 0.8mmです。

現在、債務超過でお困りである事業主の方の中で、債務整理をしたくない方へ

今回の記事では、現在事業主である方で、債務超過でお困りでありつつ、それでも破産宣告や調停などの、いわゆる債務整理をされたくない方を対象にした内容についての記述がしてあります。
破産宣告をして社会権や自由権などを制限されたくない、債務調停で現在の事業そのものを放棄したくはない、などといった事業主の方には大変有望な内容が書かれてありますので、ご一読の価値が大いにあります。

1.どのような方法内容なのか

現在事業を営まれている方の中でも、個人事業主あるいは小規模事業者である方の中で、毎月のご自身の、事業債務などの返済支払いなどが大変な方も、決して少なくない傾向が我が国日本では従来からあります。
事実、実際にも起業をされた個人や団体、グループとを合わせて、それらの方々の中でも、4年間のうち、そのたった約20%程度しか生き残れない事が、民間調査会社による2015年での調査統計でも出ている現状があります。

このような事情から、必ずしも事業運営面での生き残りが保証されているとは言えない現状がありますので、現在、電気料その他の光熱費を除いた、全ての借金債務の支払いを、堂々と拒否をしていく判断・決断なども、場合によっては必要です。
具体的に言うと、支払いをしない上に、何もしない事です。

2.法律上の債務時効を大いに活用していくため、債権者側から何を言われても何もしない事

現在の民法の規定では、債務消滅時効は10年とされています。つまり、支払い停止から10年経てば、返済自体の権限が消滅していくという規定内容が定められています。これをフルに活用をして、1.の段落末尾部分でも話したように、何もしないようにします。
ただ、相手方債権者は容赦なく電話をしてきたり督促書類などを送付したりしてきますので、これを何があっても、無視をする事が大切です。

以上が、現在、債務超過でお困りである事業主の方の中で、債務整理をしたくない方へ、広めていきたい記事内容になります。

安い値段で外食をされたい方へ

今回の記事は、なるだけ安い値段で外食をされたい多くの方へ貴重な情報を広めていきたいと思い、筆を執らせて頂いたものになります。
そして主として、丼もの店に焦点を当てて、大変お得な情報に関しての内容が書かれていますので、中々時間の事情で丼もの店関連の情報を確認出来ない方には特に、大変お得でお勧めな情報ですので、ご一読される価値は大いにあります。

1.公式サイトに登録をしていると、ネット上で割引クーポン券を送信されて来るところもあり

元々、一般的なファミリーレストランなどに比べて、全国チェーンである丼もの店などではかなりの低価格でメニューを頼んで、お持ち帰りや店内飲食などが可能になっています。
しかしながら、更なる割引がなされたりしている実態に関して、ご存知では無い方がやはり少なくない現状があります。

それはインターネット上で、全国チェーンである丼もの店が運営をしている公式サイトなどへの登録をしていると、割引クーポン券の無償提供送信をされてくる場合がありますので、これなどは大変お得です。
登録さえしていれば、誰にでも送信をされて来るような仕様になっていますので、これを使わない手はありません。

2.どのような丼もの店がやっているのかについて

現在のところ、吉野家・すき家・松屋の3事業者が、無償配信サービスをやっているような状態になっています。
大体、これも事業者毎あるいはシーズン期などにもよりますが、30円から50円台の範囲内での割引価格の設定がしてあるような仕様なのが通常です。

ただ、店舗によっては、その割引クーポン券の対象が決まっていたり、あるいは限定をされたりしているところもあったりしますので、そうした点について注意をしておかなければならない場合もあります。
また、ある一定の地域限定や、九州・四国・関東などといったような感じで、特定の地方エリア規模の範囲のみで設定をされたりしているものなどもありますので、事前に内容確認をようくしながらスクリーンショットなどで撮影をした上で、利用をしていく事がベストです。

以上で、安い値段で外食をされたい方への、大変お勧めな全国チェーンである丼もの店での割引クーポン券に関する内容になります。

コストカットできている

3Dプリンターはいままでは大量生産前にプロダクトのデザイン、機能などチェックするための試作品をつくる目的で使われて来ましたが、3Dプリンターの性能が飛躍的に向上して3Dプリントで作られる素材が増えていて、製造プロセスに一部使用するうごきが高まっています。そして製造プロセスの一部で使用始まってる産業は自動車製造、航空宇宙産業や医療分野の導入が顕著であり、それ以外の使用用途は本来の試作品製造として利用されています。

そして、3Dプリンターで部品製造したときまず挙げられるのはコストカットです。これは単純に材料費以外にそれ以外の部分、人件費、製造にかかるリードタイムなどです。いままでの大量生産方式から3Dプリンターを導入していって飛躍的コストカットできたケーススタディがGEアビエーションの例があります。そしてこれはジェットエンジンに使う燃料ノズル製造を3Dプリンターに切り替える動きがあります。そして航空宇宙産業以外での3度プラインター取入れはスポーツメーカーのナイキがあって、これはサッカーシューズのクリートを3Dプリンターで製造し始めました。

そして自転車メーカーのジャイアントでも3Dプリンターを自転車製造に取り入れていて、自転車サドルを3Dプリント製造に切り替え始めています。各社導入するメリットで上げられてるのは第一に3Dプリンター製造に切り替えて大幅コストカット達成されるとしています。ですが、これだKで品質劣化することはなく、3Dプリント製造により品質向上することが果たされています。そして第二のメリットは品質向上があって、部品製造に3Dプリンターを取りいれた企業は各社とも品質向上を歌っていて、逆に言えば3Dプリンターで製造することで今までよりも優れた品質を担保できない限りその部品は3Dプリンターでは製造しないですそして、コストカットで上げたGEアビエーションの燃料ノズルは耐久面で今までの組み立て品よりはるかに瀬能向上させられます。