コストカットできている

3Dプリンターはいままでは大量生産前にプロダクトのデザイン、機能などチェックするための試作品をつくる目的で使われて来ましたが、3Dプリンターの性能が飛躍的に向上して3Dプリントで作られる素材が増えていて、製造プロセスに一部使用するうごきが高まっています。そして製造プロセスの一部で使用始まってる産業は自動車製造、航空宇宙産業や医療分野の導入が顕著であり、それ以外の使用用途は本来の試作品製造として利用されています。

そして、3Dプリンターで部品製造したときまず挙げられるのはコストカットです。これは単純に材料費以外にそれ以外の部分、人件費、製造にかかるリードタイムなどです。いままでの大量生産方式から3Dプリンターを導入していって飛躍的コストカットできたケーススタディがGEアビエーションの例があります。そしてこれはジェットエンジンに使う燃料ノズル製造を3Dプリンターに切り替える動きがあります。そして航空宇宙産業以外での3度プラインター取入れはスポーツメーカーのナイキがあって、これはサッカーシューズのクリートを3Dプリンターで製造し始めました。

そして自転車メーカーのジャイアントでも3Dプリンターを自転車製造に取り入れていて、自転車サドルを3Dプリント製造に切り替え始めています。各社導入するメリットで上げられてるのは第一に3Dプリンター製造に切り替えて大幅コストカット達成されるとしています。ですが、これだKで品質劣化することはなく、3Dプリント製造により品質向上することが果たされています。そして第二のメリットは品質向上があって、部品製造に3Dプリンターを取りいれた企業は各社とも品質向上を歌っていて、逆に言えば3Dプリンターで製造することで今までよりも優れた品質を担保できない限りその部品は3Dプリンターでは製造しないですそして、コストカットで上げたGEアビエーションの燃料ノズルは耐久面で今までの組み立て品よりはるかに瀬能向上させられます。